aninvitationtolove

窓ガラスのお手入れのコツ

住居の窓ガラスが汚れていると、どんな豪邸でもみすぼらしく見えてしまうものです。そもそもガラスというのは汚れが目立ちやすいものですから、日ごろのお手入れが重要になってくるのです。
しかし窓ガラスはたいていの場合、片面を屋外に晒して常に風雨にさらされているために、どんなに綺麗にしていても汚れは常に付いてしまうものなのです。つまり窓ガラスのお手入れは、日頃からこまめに行うことが大切ということです。

窓ガラスを手入れする場合のコツは、短時間で、簡単に、しかも効果的な方法で行うことでしょう。窓ガラスを手入れするために道具はいくつかありますが、よりスピーディーに作業を進めるためにはスクイジーという専用器具を使う方法もあります。スクイジーは自動車のワイパーのようなゴムブレードに取っ手をつけたような形状の道具で、掃除の専門業者も使用している道具です。

薄い洗剤で濡れぶきした窓ガラスはびしょびしょですが、放っておくとすぐに乾いてもっと汚れてしまいます。そこでスクイジーを使ってガラス表面の水分を拭き取るのですが、これには少しコツが必要です。スクイジーを使うと水分が除去されますが、スクイジーの両側に線が残ってしまいますから、スクイジーは一回使うたびに雑巾などで水分を拭き取って使うと良いでしょう。
窓ガラスのお手入れで重宝するスクイジーですが、そういった専門の道具がなくても窓ガラスを綺麗に掃除することは可能です。たとえば新聞紙のインクには、窓ガラスの汚れを落とすのと同時にツヤ出しの効果があると言われています。

しかしどんなに窓ガラスが綺麗になるとしても、それがきちんと分からなければ意味がありません。雨の日に窓ガラスを掃除する人はいないでしょうけれど、晴れている日はガラスが反射して汚れが見えにくくなるためあまりお勧めできません。一番良いのは曇りの日で、汚れが浮きあがるような湿気があるときということになります。